EC-CUBE4機能カスタマイズ版のインストールについて
  • EC-CUBE4の動作確認済みのサーバが必要です。
    サーバがEC-CUBE4のシステム要件を満たしているかどうか、EC-CUBEサイトでご確認ください。
    EC-CUBE4系ソフトウェア要件
  • ご利用のサーバが用意している「自動インストール」ではインストールできません。
  • データベースを作成し、パッケージ(ダウンロード商品)をアップロードしてインストールを行います。
  • 現在使用しているEC-CUBE4を上書きするものではありません。ゼロベースからの新サイト構築です。
■インストール準備
1 データベース作成
  • MySQLまたはPostgreSQLにインストール可能です。
  • 以下は「さくらインターネット」(MySQL)の作成手順です。他のサービスもほぼ同様です。
*
(1)データベースの設定
まずは、データベース作成画面を開きます。
*
(2)データベースの新規作成
*
*
(3)データベース作成
  • ① MySQLのバージョンを選択
      EC-CUBEのシステム要件を満たすものを選択してください。
      EC-CUBEサイトで確認
  • ② データベース名:任意
  • ③ データベース文字コードは「UTF-8」を選択
  • ④ ▼インストール時に以下の情報が必要です。
    ・データベースサーバ(ホスト名)
    ・データベース名
    ・データベースユーザー名
    ・接続パスワード
2 ファイルのアップロード場所
  • アップロードするファイルは、「本体」内のすべてのファイルです。
  • 構築する場所はドメイン直下なのか、それとも、ドメイン配下のshopなどのフォルダなのかを決めておきます。
*
(1)ドメイン直下に構築する場合
  • サイトのURLは、http://●●●.com http://●●●.jp などで表示されます。
  • サーバが指定しているフォルダ、wwwやpublic_htmlなどにアップロードします。
(2)ドメイン下の階層で表示する場合
  • サイトのURLは、http://●●●.com/shop/ http://●●●.jp/shop/ などで表示されます。
  • サーバが指定しているフォルダ、www、public_htmlなどに、shopというフォルダを作成し、そこにファイルをアップロードします。
3 アップロードの方法
  • 3つの方法を紹介します。「サーバの解凍機能を利用する」「ダウンロード商品に添付されているzip.phpを利用する」「FTPソフト・サーバのFTP機能を利用する」
  • 以下、オススメ順に紹介します。
*
*
(1)サーバの解凍機能を利用する
「さくらインターネット」には、圧縮ファイルをサーバ上で解凍できる機能があります。

  • ①「本体」内のすべてのフォルダ・ファイルを選択し、zip形式で圧縮します。
    ファイル名はdata.zipとします。
  • Windowsの圧縮機能を使用すると、空のフォルダは圧縮できないというメッセージが表示される場合があります。
    空のフォルダとは「var」フォルダのことなので、それだけは後でアップロードするようにしてください。
    あるいは、別の圧縮ソフトを使用してください。
*
  • ② 圧縮ファイルをFTPでアップロードする。
*
  • ③ 管理画面の「ファイルマネージャー」をクリックする。
*
  • ④ 圧縮ファイルを選択して、「整理>リモートで解凍」をクリックする。
*
  • ⑤ 即座にファイルが展開されます。
*
  • ⑥ data.zipは不要となりますので削除してください。

*
*
(2)ダウンロード商品に添付されているzip.phpを利用する
  • ①「本体」内のすべてのフォルダ・ファイルを選択し、zip形式で圧縮します。
    ファイル名はdata.zipとします。
  • Windowsの圧縮機能を使用すると、空のフォルダは圧縮できないというメッセージが表示される場合があります。
    空のフォルダとは「var」フォルダのことなので、それだけは後でアップロードするようにしてください。
    あるいは、別の圧縮ソフトを使用してください。
*
  • ② ダウンロード商品に同梱されている「zip.php」を利用します。
*
  • ③ zip.phpをdata.zipと同じ場所にアップロードします。
*
  • ④ ブラウザでzip.phpにアクセスすると、圧縮ファイルが展開され、ブラウザに「成功」と表示されます。
* *
  • ⑤ zip.phpにアクセスできない場合は、ファイルのパーミッションをご確認ください。
*
*
  • ⑥ 解凍後は、data.zip、zip.phpは不要となりますので削除してください。

*
(3)FTPソフト・サーバのFTP機能を利用する
      
  • 【注意点】
  • サーバに合わせたパーミッションでフォルダ・ファイルをアップロードする必要があります。
  • アップロード前にFTPのパーミッションを設定しておきます。

  • 【デメリット】
  • ・アップロードに時間がかかります。
  • ・アップロード途中でファイルが壊れる可能性もあります。

  • あまりオススメできません。
■インストール
*
(1)EC-CUBEのアップロードフォルダにアクセスします。
https://●●●.com/
https://●●●.com/shop/ など
※ SSLが利用できるときは、https でアクセスします。

「次へ進む」をクリックします。
*
(2)権限チェック
アクセス権限が正常であることを確認し「次へ進む」
*
(3)サイトの設定
■あなたの店名:サイト名を入力します。
■メールアドレス:受注メールなどの宛先になります。
■管理画面ログインID:半角英数字4~50文字
■管理画面パスワード:半角英数字8~32文字
■セキュリティの設定:adminは使えません。
■サイトへのアクセスを、SSL(https)経由に制限します:チェックします。ただし、httpsでのアクセス中でなければ入力できません。
SSLに対応していない場合は、チェックなしで進みます。

後は入力状態のままにして、「次へ進む」をクリックします。
*
(4)データベースの設定
データベースポート番号は、たいていの場合空欄です。(サーバサービスを確認)
*
(5)データベースの初期化
チェックしないで、そのまま「次へ進む」
*
(6)インストール完了
*
(7).env
インストールが完了すると、サーバに「.env」が生成されます。
インストール情報が記述されている重要なファイルですので、ダウンロードしておきましょう。

再インストールする場合:サーバの「.env」を削除し、サイトにアクセスすると再インストールが始まります。
インストール後は、新しく生成された「.env」を上書きダウンロードすることを忘れずに!

▼デバッグモードに変更するときは、「.env」を修正
6行目付近を変更
-------------------------------
APP_ENV=prod
APP_DEBUG=0
-------------------------------
↓【変更】
-------------------------------
APP_ENV=dev
APP_DEBUG=1
-------------------------------

APP_ENV=dev:画面下にSymfonyツールバーが表示されます。
APP_DEBUG=1:エラー発生時に画面上に詳細なログが表示されます。
インストール後に行うこと
*
(1)基本設定
設定>店舗設定>基本設定
*
(2)レイアウト設定
コンテンツ管理>レイアウト管理>「トップページ用レイアウト」をクリックすると、左図の画面が開きます。
ブロック配置は、EC-CUBEのデフォルト状態ですので、カスタマイズ版で追加しているブロックを配置してください。

配置例を下図に示しました。
*
(3)ブロックの配置例
「カテゴリナビ(PC)」は、#headerエリアから移動しています。
管理画面で内容を登録しないと、ブロックを配置しても内容は表示されません。(「特集」など)
プラグインをインストールしたときは、プラグインのブロックも登録する必要があります。

同じようにして、
コンテンツ管理>レイアウト管理>「下層ページ用レイアウト」も必要に応じて登録します。
*
(4)その他の設定
左図の設定が必要です。

ヘッダーデザインやサイト全体のデザイン変更、プラグインのインストール・設定についてはマニュアルをご覧ください。
EC-CUBE4カスタマイズ版の機能・マニュアル
このページの先頭へ